読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩める16卒男子のブログ

2016年4月に新卒で入社した会社を2017年4月には辞める選択をした、無鉄砲な男子のブログです。

残り36日

カウントダウン

最初に退職を申し出たのは1月明け最初の営業日でした。そのときは軽く諭されて終わり。

そこから2か月色々考えたけれど、やりたいことも、今後どうするべきかも何も答えは出ず。話を聞いたみたけれど、やはり3年はがんばれって言われるだけ。もしくはネットワーキングビジネスに誘われる。でも求めているのはそれじゃなかった。もっと、自分で生きていける力。早く世界に旅立てる力。

そして、結局ここにいても見つからないのなら、やめてしまえばいいのではないか。仕事は楽しくない、周りも楽しくない、面白い研修や海外へ行ける未来もない。大学のときにせっかくフレンドリーになったのに、そんな自分さえ壊れていく。高校生のときも、日本史をやめてから次が見えたことあったし。そして決まった4月末退職。

 

何も決まらずに辞めるなんて、逃げているだけだ。人としてどうかしている。そんな声を両親から浴びせられ、周りからも不思議な目で見られ、興味をなくされる毎日。

次第に周りとの付き合い方も分からなくなり、あてがなくなっていく。いくら考えても答えなどなく、本を読んでも、何も引っかからない。目的なく読む本がこんなにも不安を煽り立てるとは。

「もっと勉強がしたい」何を?「海外に行きたい」なぜ?どこに?何の目的で?自分がやりたいのではないかと思うことにさえ、?マークが沢山ついていく。

 

「今の職場は頭もほぼ使わず、単調な作業ばかりだった。事務職だった。もっと刺激的で、頭を使って、何かを解決するようなことがしてみたい。」

「変化はもっと早くていい。まずは・同時並行で予備知識をつけて、問題を解決する。こっちが終わったら次はあっち。常に新鮮なことに触れられる。」

「海外に行きたいのは、海外への憧れがくすぶっているからだと思う。結局海外にちゃんと行かなかったし。そして彼女が海外にいるということが、海外に行きたい・行かなくてはならないという気持ちを強く駆り立てる。」